強化効果の重複

強化効果は一定の条件で重ね掛け(重複)した状態になります。

バトルを有利に進めるために重要なポイントになりますので、パーティ編成の際はご注意ください。

重複条件

  1. 「アートスキル or スフィアスキル」と「ブレイブバースト」で同じ強化効果を使用する

  2. 強化効果の対象が同じである

 例:A、B、Cというユニットがいます

    1. BがAに対してスフィアスキルもしくはアートスキルで攻撃30%アップの効果を使います

    2. CがAに対してブレイブバーストで攻撃30%アップの効果を使います   

    結果. Aが攻撃60%アップの状態になります

重複しない条件

  1. 「アートスキル or スフィアスキル」もしくは「ブレイブバースト」同士で同じ強化効果を使用する

 例:A、B、Cというユニットがいます

    1. BがAに対してスフィアスキルで攻撃30%アップの効果を使います

    2. CがAに対してスフィアスキルで攻撃30%アップの効果を使います   

    結果. Aは攻撃30%アップの状態にしかなりません   

2の効果が攻撃40%アップだった場合は、効果倍率が高い方が優先され40%アップの状態になります。

2の効果の方が効果ターンが長い場合は、ターンのみ延長されます。

「スフィアスキル」がブレイブバーストだった場合でも同様に重複が発生しません。

特殊な状態

 上記の重複がされなかった場合について、効果ターンによる特殊な例もあります。

 例:A、Bというユニットがいます

    1. BがAに対して5ターンの攻撃10%アップの効果を使います

    2. BがAに対して3ターンの攻撃30%アップの効果を使います   

    結果. 2の効果が切れた場合でも、残り2ターンだけ1の効果が継続します。